14 9月

ワキガでエッチに自信が持てない!そんな女性への男性の気持ちとは?

ワキガって本当に可哀そうなんです。本人にはまったく責任はないのに。脇の下から分泌される成分が異様な臭いを発するばかりに、偏見の対象となっているのです。臭いというものは、どうしようもないものです。いくら清潔にしていても、香水でカムフラージュしても、まったく歯が立たないようです。確かに、臭いの程度によってはセックスにも影響がありそうです。

しかし、私も以前ロシア系のアメリカ人女性と“お知り合い”になったのですが、彼女自身が大変な腋臭の持ち主でした。ベッドに入る前から慣れるように努力してセックスを始めたのですが、その腋臭がかえって刺激になったのか、とても充実したセックスが経験できたのです。行きずりの恋ではありましたが、今でも、あの刺激的な臭いと共に、彼女が浮かんできます。

人は不思議な生き物です。臭いと言う漠然とした感覚には、画一的な方向性は無いようです。一人一人に委ねられる問題ですから、体臭などというもので、人生の大切な時を無駄にしてはなりません。エッチコンプレックスのある方も自信を持って恋をして欲しいです。

それでも拘ってしまうのなら、今は良いデオドラントの商品も気軽に手に入る時代です。試してみても損はないでしょう。

14 9月

女性の口臭と体臭、男性からするとどっちの方が耐えられない?

口臭にしても体臭にしても、当の本人がほとんど気づいていないことが多いですから問題は簡単ではありません。面と向かっての注意もなかなか出来ないからです。口臭も体臭もデートしてみればすぐにわかります。映画に行っても食事をしても臭いはついてまわります。特に体臭は、香水やオーデコロンで隠そうとすればするほど、体臭と混ざり合って、なおさら不快な臭いに進化します。

一方、口臭は一度その臭いに気付いてしまうと顔を見ただけでトラウマのように甦るものです。しかし、ちょっと待ってください体臭は改善することが可能ですし、口臭は治療することが出来ます。今や、口臭や体臭に打ち勝つ研究も進んでいます。全女性に言いたいのは、あきらめないで立ち向かって欲しいということです。

14 9月

女性のデリケートゾーンの臭いに対する男性の本音とは?

女性のデリケートゾーンは生きているように、その生態は変化します。一番魅力的なミステリーゾーンは、男性を欲しがっている時の臭いです。熱い愛液が蜜のように、じわじわ滲み出す際の香しい酸っぱい臭いはたまりません。それは男性をひきつける魔法のジュースです。

それに反して、男性自身を一気に萎えさせる臭いがあります。それはワキガより強い地激臭です。同じ酸っぱい臭いでも、雲泥の違いです。女性本人は、それが悪臭だとは気付かないでいることが多いのです。その臭いを一度嗅いでしまうと、セックスをするとかという場面でなくても、デートの時のレストランでも映画館でも、あの臭いが漂ってくるようになり、3度のセックスだけで別れてしまいました。思えば、その彼女の陰部は黒ずんでいました。

デリケートゾーンにはデリケートゾーンの石鹸もあるようです。デリケートゾーンの芳香こそが女性の魅力そのものです。